有限会社ヘルパーハウス茨木

茨木市の居宅介護支援、訪問介護・看護、通所介護、
高齢者向けシェアハウスのヘルパーハウス茨木

ブログ

2月の壁画 コタツのある部屋

今年は暖冬とはいえ、朝夕の冷え込みはやっぱり厳しいですね。

みなさまはお部屋の暖房に何をお使いですか?

エアコン、ストーブ、ファンヒーター、ホットカーペット、、、

色々ある中で、やっぱり冬はこれがなきゃ! 

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、コタツです。

 

寒い冬、コタツに入ってみかんを食べながらほっこりする、

そんなコタツファンにとっての原風景を壁に再現してみました。

 

 

花柄のコタツ布団は、

新聞の黄色と赤をちぎって貼ったちぎり絵です。

もちろんみんなでワイワイ協力しあって作りました。

 

 

コタツの上にはみかんとお茶と編みかけの編みものが。

みかんのカゴが角度的に不自然な気もしますが、これも一興です。

超立体なところが斬新でしょ?

 

 

お茶作製中。

 

編み物をお願いすると、スイスイ編んでいただけました。

 

天井には昭和を思わせる電灯が。

思わず紐を引っ張ってしまいそう。

 

電灯作製中。

 

昭和も初期の部類に入る火鉢です。

嬉しいことに、お餅がぷっくりこんがり焼けています!

 

和紙と麻ひもを使いました。クオリティが高いです。

 

「はい、私たちが作りました!」

 

初めの計画では、

コタツとみかんと猫と窓で完成だったのですが、

作っているうちにどんどんアイデアがわいて、

火鉢とお茶と編み物と電灯が急遽追加となりました。

 

「お餅が焦げてるやん。おいしそう」

「あの電気は点くの?(笑)」

「猫ちゃんと一緒におこたに入りたいわぁ」

「僕のマフラーも編んでぇな」

 

口々に感想をおっしゃる利用者様の笑顔は、

どこかノスタルジックな優しさに包まれていました。

 

ページトップへ戻る

Cafeオレンジハウスのfacebookをチェック!